なぜ仲介手数料が半額なのか

 
物件検索
会社案内
スタッフブログ
UR都市機構
和みダイニング菴

why1_top_ti.gif

お部屋探
しをしていると仲介手数料という言葉をよく耳にするかと思います。
お家を買ったり借りたりする際に私達、不動産会社に支払うお金、と言う風に思われていますよね?
確かにその通りです。


af9980034966l.jpg賃貸の仲介手数料は家賃の1ヵ月分+消費税、家賃の半月分+消費税

など、不動産会社によって違いがあるのはなぜでしょうか?

ここではその仲介手数料に関するなぜ?をご説明させて頂きます。



w01.gif

はじめに、宅地建物取引業法(不動産取引に関する法律)では、仲介手数料(報酬額)
はどのように書かれているのでしょうか?

宅建業法第46条(報酬額に関する条項)
では下記のように記載されています。


【 貸借の媒介に関する報酬の額 】

・宅地又は建物の賃借の媒介に関して依頼者の双方から受け取ることのできる報酬の額の合計額は、
当該宅 地又は建物の借賃の1ヶ月分の1.08倍に相当する
金額以内とする。


・この場合において、居住の用に供する建物の賃貸借の媒介に関して依頼者の一方から受けとることのできる報酬の額は、当該媒介の依頼を受けるに当たって
当該依頼者の承諾を得ている場合を除き、借賃の1ヶ月分の0.54に相当する金額以内とする。


難しい言葉が並んでいますね(^_^;) 上記の内容を解かり易く説明しますと


不動産会社はお部屋の仲介をした場合、お客様から貰える報酬(仲介手数料)の上限額は
賃料の1.08ヶ月分以内
です。但し、
お客様の承諾を得られた場合に限り賃料の1.08ヶ月分を
受け取っても構いません
よ。となっています。

承諾が得られない時は、
賃料の0.54ヶ月分以上の仲介手数料をお客様から受け取ってはいけませんよ!という事です。


宅建業法上では、お客様の
承諾を得ていない場合には賃料の0.54ヶ月分以上の仲介手数料を
お客様からは受け取る事ができないようになっているのです。

 

残念ながら契約の際にこの様な説明もしないで、重要事項の説明の署名欄等に
『賃料の1.08ヶ月分を仲介手数料としてお支払いいたします』 という文章を無断で入れ、
承諾を得たことにして仲介手数料の上限額をお客様に請求する不動産業者も多くあるのも現状です。


why_03.jpg

 


 

 

 

w04.gif

皆さんは不動産屋さんに来店した際、弊社の仲介手数料は賃料の1.08ヶ月分ですが
それでもよろしいですか?と説明されたことがありますか?

もちろん報酬額について、きちんとした説明を行う業者さんもいるのですが、
このような説明を
全くしないでお部屋探しを始めてしまう不動産屋さんが多いのも事実です。

しかしながら、初めてお部屋探しをされるお客様や、不動産業界に携わっていないお客様が、
この仲介手数料に関する記載事項を口頭で説明されずに記載されているだけで理解する事ができるのでしょうか?

w03.gif

ベルホームではどの物件でお申し込み頂き契約に至った場合でも

全物件賃料の0.54ヶ月分(54%)の仲介手数料(報酬額)とさせて頂いております。


why_04.jpg

詳しくは【代表挨拶になぜそのように思い立ったのかを記載させて頂きました。


お時間がある方はご一読ください。
こちらです。